キャビテーション痩せ

リバウンドしないための食事

リバウンド防止の食事管理

キャビテーション後のリバウンドを防止するために気を付けたいのは、運動の他にもう1つ、食事管理が挙げられます。ダイエットを考えている人の多くは、できるだけ早く痩せたいと思うあまりに急激に食事量を減らしてしまう傾向にあります。ですが、急な食事制限は最もリバウンドしやすいダイエット法だと言えるでしょう。

食事量を減らすと、特定の食品ばかり食べたり、とにかく食べないということに集中してしまいがちです。すると栄養バランスが崩れます。その結果、代謝に必要な栄養素が不足してエネルギーの消費量が下がったり、筋肉が落ちてしまい太りやすい体質になることが考えられます。

ダイエット中の食事はバランス良くいろいろな食品を食べるように心がけましょう。特に代謝に必要なビタミンB群、筋肉をつくるタンパク質は欠かせません。野菜や果物もよく食べるようにします。

また、急に食事量を減らして体重が一気に減量することも、ホメオスターシスが働くのでリバウンドにつながりやすいです。ダイエットのために摂取カロリーを減らすことも必要ですが、あまりにも減らしすぎないように気を付けましょう。

例えば、1日に200~300kcal減らすようにするだけでもダイエット効果が期待できます。毎日間食してしまう習慣がある方はそれを止めましょう。一般的には夕食がメインでたくさん食べてしまう方が多いと思いますが、ダイエット中なら朝にしっかり食べて昼、夜の順に減らしていく食べ方がおすすめです。

食事制限は確かに即効性の高いダイエット法ですが、やりすぎるとその分リバウンドのリスクも上がります。無理のない範囲でゆっくり食事管理をして、キャビテーションの成果を長く維持できるよう努力してくださいね。