キャビテーション痩せ

リバウンドしないための運動

リバウンド防止の運動方法

高い痩身効果に加えてリバウンドも少ないと言われているキャビテーションですが、だからと言って施術を受けただけで満足するのは考えもの。本当にダイエット効果を出したいなら、普段の生活でもある程度の努力は必要です。リバウンドを防止するためのポイントは運動して筋肉をつけることにあります。

リバウンドしてしまうのは、ダイエットの努力で基礎代謝を下げてしまうことが原因です。基礎代謝というのは、最低限の生命維持活動のこと。呼吸をしたり、心臓をはじめとする内臓を機能させることなど、意識をしなくても体の中ではさまざまなところでエネルギーが消費されています。

この基礎代謝が高く、無意識の内に消費されるエネルギーが多ければその分痩せやすい体質であるということがわかりますよね。基礎代謝量と深く関係しているのが、筋肉量です。筋肉量が多いほど基礎代謝が高いことがわかっています。同じくらい食事の量を食べても、太りやすい人と太らない人っていますよね。その違いは筋肉量にあると考えることができます。

基礎代謝を高める筋力トレーニングとしては、体の中でも大きな筋肉を鍛えること、インナーマッスルを意識的に鍛えるのが良いと言われています。腹筋や背筋、太ももの筋肉を鍛えるエクササイズ、ヨガなどもインナーマッスルを鍛えるのに効果的なのでおすすめです。また、キャビテーションの後は脂肪が溶け出して燃えやすく、新陳代謝が上がっている状態ですので有酸素運動をすると更にダイエット効果がアップします。

キャビテーションによってせっかく痩身できたとしても、普段通りの生活をしていては基礎代謝が低ければリバウンドしてしまうこともあるでしょう。キャビテーションで手に入れたボディラインをキープするために、筋力トレーニングや有酸素運動などの運動も合わせて行うことをおすすめします。