キャビテーション痩せ

リバウンドの理由とはなにか

リバウンドのメカニズム

一度はダイエットに成功したはずなのに、いつの間にか前以上に太ってしまった…何度もそんな経験をしている女性は多いのではないでしょうか。ダイエットを辞めた後、結局ダイエット前の体重、もしくはそれよりも増量してしまう現象を「リバウンド」と言います。過去にダイエットをしたことがある方の6割もの人が、リバウンドを経験したことがあると言われています。

リバウンドのメカニズムは「ホメオスターシス」という、誰にも備わっている機能が関係しています。メオスターシスは生体恒常性機能のことで、生命維持のため環境の変化に適応するという機能です。ダイエットと言えばまず多くの方が実践するのが食事制限による方法ですよね。食事量を減らして摂取カロリーが減ると、当然体重は減ります。

ですが、この「摂取カロリーを減らす」ということが体にとっては環境の変化にあたります。この変化に適応するため、体の中ではこれまでよりも少ないカロリーで生命活動ができるように、エネルギーの消費量を抑えます。

ダイエットを続けている途中でも、急に体重が落ちなくなる「停滞期」がくるのもこのせいです。ホメオスターシスによってエネルギーの消費量が少なくなっているのに、ダイエットを止めて食事量を元に戻せば今度はカロリーの摂りすぎになってしまいますよね。ダイエット後はそれ以前より脂肪が蓄積しやすい状態になるので、リバウンドが起こってしまうのです。

リバウンドを予防するためには、急激なダイエットをしないことや、食事制限だけではなく基礎代謝をアップさせる努力をすることが大切です。1ヶ月で落とす体重は自分の体重の5%程度を目安にすること、筋肉量や骨量が落ちないような習慣を意識すると良いでしょう。